学びやすい学校選び|難易度の高さを理解して勉強|独学でも行政書士になれる

難易度の高さを理解して勉強|独学でも行政書士になれる

女性

学びやすい学校選び

男女

選択肢は豊富なので

子供が成長する姿を見ているだけでうれしいものですが、保育士はそれを間近で見守ることができます。そんなやりがいのあるお仕事ですが、資格取得は昔にくらべてハードルは高くなっています。もっとも近道は厚労省の指定する養成学校を卒業することです。これなら卒業と同時に保育士資格が取得できるので、多くの人がこの道を選んでいます。大学や短大がこれにあたるわけですが、各都道府県にあるため選択肢は豊富です。300以上の学校で資格取得できますから、まずは学びやすい・通いやすい環境の学校を選ぶと良いでしょう。4年制大学だと幼稚園教諭免許を取得できるところもありますから、将来の職業の幅を広げるためにも取っておいて損はないでしょう。

スキルを身につける

単に子供のお世話をするだけが保育士の仕事ではありません。保護者とのコミュニケーション能力も必要ですし、保育所以外で働くなら実務能力も求められることもあります。ですから大学を選ぶ際には、より実践的な学習ができるところであったり、実習などが充実しているところも良いでしょう。最近は各福祉施設や幼児教室など、保育士の働く場所が増えています。また、政府も保育士給与アップを打ち出していますので、保育士の現場も今後は改善されることが予想されます。大学などで専門知識やスキルを身につけておくと、ゆくゆくは指導する立場にもなれるかもしれません。そのため、保育士の養成システムがしっかりしている大学を選ぶといいでしょう。保育士経験のある保育士が在籍しているところでは、授業で実践的なことが聞けるかもしれません。