難易度の高さを理解して勉強|独学でも行政書士になれる

女の人

言語障害の知識と教育機関

男性

言語聴覚士として活躍する為には多岐にわたる知識を専門の学校で身に付ける必要があります。これは臨床的な技能に加えて心理学やコミュニケーションスキルがあり、患者の社会復帰を促すための福祉的制度の学習も必要とされるのです。

勉強するための方法

ウーマン

受験資格なしでも難易度高

行政書士は受験資格がないので、誰でも受験可能です。もちろん未成年が受けることもできます。ただし、未成年の場合は資格を取ることができましても、成人になるまで職として活動することはできません。行政書士として働くのであれば、成人になってからとなります。大学を卒業しなくても取得可能なので、独学で勉強しようと思えば可能です。独自で参考書を選んで、1つ1つの用語を学び、試験には短文ではありますが記述もあるため、しっかりと対応することができるように知識をそろえれば、合格することはできます。しかし行政書士は毎年合格率がとても低く、10パーセントもありません。ときには合格率が2パーセントということもあります。それだけ難易度が高いということも把握する必要があります。

試験の内容とは

行政書士という資格は、ただ単に行政法を習得しておけば試験に合格することができるというものではありません。試験には行政法だけでなく、憲法、刑法、民法とさまざまな法律の内容を把握しなければなりません。独学で勉強するためにはそれだけのことを習得する必要があるのですが、独学で学ぶ人のために試験内容をまとめた参考書が販売されています。その参考書はいくつもの種類があるため、そのなかから自分が勉強しやすいものを選んで勉強する必要がありますし、独学となれば自分で勉強するための本を選ぶことも合格するための方法の1つとなります。独学では集中力を要され、自分のペースで勉強するのは難しいこともあります。そのために自習室を設けている場所を利用して勉強するのも良い方法です。

学びやすい学校選び

男女

働く場の増えている保育士ですが、資格取得は指定の大学・短大といった養成学校を卒業するのがもっとも近道でしょう。実践的な知識やスキルも身につけることができますので、卒業後は即戦力として活躍できるでしょう。

オススメリンク

  • 行政書士に独学で受かる方法

    行政書士を独学で勉強することは可能だと思いますか?こちらの情報サイトで詳しい説明が行なわれていますよ。

収入を増やすには

男女

資格にもいろんな種類があるが、自分のビジネスに関係のあるものを取得することをオススメする。理由は給料や昇進に関係する場合があるからだ。資格取得には専門学校に通うか、独学かの2パターンが主となっている。